ラオウ(パズドラ)の2体目の使い道!どっちがおすすめ?

この記事は5分で読めます

こんにちは、ぷれいんちです。

 

今回は、北斗の拳コラボのラオウ(パズドラ)の2体目の使い道を紹介しますね。

また、ラオウは究極進化の前後で性能が異なり、アシスト進化もするので、どっちがおすすめかも紹介します。

 

まず、無課金や微課金ユーザーは、BOX拡張に魔法石を使いづらいですよね!?

BOX拡張よりもガチャに魔法石を使って、強いモンスターを手に入れたいものです。

 

でも、ガチャで被ったモンスターをどうしようか迷っていませんか?

 

とりあえず、強いから複数持っておこうとか。

それとも、売却してモンスターポイントに交換しておこうとか。

今では、モンスター交換もできるので、交換用に持っておこうとか。

 

と、こんな感じで、複数手に入れたけど使い道に迷ってしまう。

そして、使い道に迷っているモンスターでBOXを圧迫してしまう。

 

そんな無課金や微課金ユーザーは、今回の記事を参考にしてみて下さい。


スポンサーリンク


ラオウ(北斗の拳コラボ)の2体目の使い道は?

ラオウの2体目の使い道を紹介します。

 

ラオウ(究極前)は、最低1体確保

ラオウ(究極前)のリーダースキルは、HP1.5倍、最大倍率20倍と強いとは言えない。

なので、リーダーで使うことはほとんどない。

覚醒スキルは「火属性強化」を4個と「暗闇耐性+」を1個持っているので、火属性の列パーティの火力底上げと暗闇対策で使える。

超覚醒は「コンボ強化」か「操作不可耐性」か「雲耐性」のいずれかを付けられる。

操作不可攻撃や雲攻撃のあるダンジョンでは、「操作不可耐性」や「雲耐性」を付けましょう。

それ以外のダンジョンでは、少しでも単体火力を上げるために「コンボ強化」を付けましょう。

スキルは火変換(回復・お邪魔・毒)+ヘイスト(1ターン)と火属性パーティで使える。

ただ、回復ドロップがなくなるので、使いどころに気を付ける必要はある。

サブやアシストで使うことはあるが、パーティに2体以上編成することやアシストすることはほとんどない。

なので、ラオウ(究極前)の2体目の使い道は、特にない。

 

ラオウ(究極進化)は、最低1体確保

ラオウ(究極進化)のリーダースキルは、HP2倍、最大倍率17.5倍、固定5万ダメージととても強い。

根性対策ができる固定5万ダメージがあるので、フレンドはラオウ(究極進化)以外でもいい。

覚醒スキルは「コンボ強化」を1個と「ダメージ無効貫通」を2個持っている。

超覚醒に「コンボ強化」を付けることで、覚醒スキルと合わせて2個持ちに。

7コンボ以上で単体火力が4倍なので、アタッカーとしては少し物足りない。

ただ、「コンボ強化」と「ダメージ無効貫通」を同時に発動させることで単体火力は25倍なので、「ダメージ無効貫通」枠として活躍できる。

スキルは火変換(回復・お邪魔・毒)+ヘイスト(1ターン)と火属性パーティで使える。

ただ、回復ドロップがなくなるので、使いどころに気を付ける必要はある。

サブやアシストで使うことはあるが、パーティに2体以上編成することやアシストすることはほとんどない。

なので、ラオウ(究極進化)の2体目の使い道は、特にない。

 

ラオウ装備(アシスト進化)は、1体で十分

ラオウ装備(アシスト進化)は、「暗闇耐性」と「火属性強化」を各2個と「お邪魔耐性」と「毒耐性」を各1個付与できるのでとても優秀。

スキルは火変換(回復・お邪魔・毒)+ヘイスト(1ターン)なので、複数体にアシストする必要性はほとんどない。

また、火属性の列パーティでは複数体にアシストできそうだが、複数のギミックを対策しないといけないダンジョンに挑むことはない。

なので、ラオウ装備(アシスト進化)の2体目の使い道は、特にない。

 

ラオウはどっちがおすすめ?

ラオウ(究極前)とラオウ(究極進化)とラオウ装備(アシスト進化)は、どっちがおすすめか紹介します。

最優先は、ラオウ(究極進化)

最優先に確保するのは、リーダーやサブでとても優秀なラオウ(究極進化)から。

ただ、ラオウ装備(アシスト進化)も優秀なので、アシスト装備が不足している場合は、ラオウ装備からでもいい。

ラオウ(究極進化)またはラオウ装備(アシスト進化)を確保してから、ラオウ(究極前)を確保しましょう。

 


スポンサーリンク


ラオウ(北斗の拳コラボ)の基本情報

ラオウの基本情報を紹介します。

 

ラオウ(究極前)

 

ステータス

属性 タイプ アシスト設定
火・闇 悪魔・攻撃
HP 攻撃 回復
4,828() 3,220() 360()

※ステータスは+297時、()内の数字は限界突破Lv110時

 

リーダースキル

天将奔烈
悪魔と攻撃タイプのHPが1.5倍、攻撃力は5倍。
火を4個以上つなげて消すと攻撃力が上昇、最大4倍。

 

スキル

天に滅せい
回復、お邪魔、毒ドロップを火ドロップに変化。
自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。
スキルターン:12ターン(Lv.1) ⇒ 7ターン(最大Lv.6)

 

覚醒スキル

アイコン 個数 効果
4個 火ドロップを横一列で揃えて消すと、火属性の攻撃力がアップ(1.60倍)。
1個 チーム全体のスキルが2ターン溜まった状態で始まる。
1個 闇ドロップを横一列で揃えて消すと、闇属性の攻撃力がアップ(1.15倍)。
2個 スキル封印を40%の確率で無効化する。
1個 ドロップ操作時間が1秒延びる。
1個 暗闇攻撃を無効化する。

 

超覚醒

アイコン 効果
7コンボ以上で攻撃力がアップ(2倍)する。
操作不可攻撃を無効化する。
雲攻撃を無効化する。

 

付けられる潜在キラー

 

ラオウ(究極進化)

 

ステータス

属性 タイプ アシスト設定
火・闇 悪魔・攻撃
HP 攻撃 回復
5,328() 3,720() 360()

※ステータスは+297時、()内の数字は限界突破Lv110時

 

リーダースキル

究極奥義 無想転生
火属性の攻撃力が3.5倍、闇属性のHPが2倍。
火を6個以上つなげて消すと攻撃力が5倍、固定5万ダメージ。

 

スキル

天に滅せい
回復、お邪魔、毒ドロップを火ドロップに変化。
自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。
スキルターン:12ターン(Lv.1) ⇒ 7ターン(最大Lv.6)

 

覚醒スキル

アイコン 個数 効果
2個 自分自身へのバインド攻撃を100%の確率で無効化する。
1個 チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる。
1個 スキル封印を20%の確率で無効化する。
2個 ドロップ操作時間が1.0秒延びる。
1個 7コンボ以上で攻撃力がアップ(2倍)する。
2個 自分と同じ属性のドロップを3×3の正方形で消すと攻撃力がアップ(6.25倍)し、ダメージ無効を貫通する。

 

超覚醒

アイコン 効果
7コンボ以上で攻撃力がアップ(2倍)する。
操作不可攻撃を無効化する。
雲攻撃を無効化する。

 

付けられる潜在キラー

 

ラオウ装備(アシスト進化)

 

ステータス

属性 タイプ アシスト設定
火・闇 悪魔
HP 攻撃 回復
5,328(+533) 3,720(+286) 360(+54)

※ステータスは+297時、()内の数字は覚醒スキル込みでのアシストボーナス

 

スキル

北斗剛掌波
最上段横1列と最下段横1列を火ドロップに変化。
自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。
スキルターン:14ターン(最大Lv.1)

 

覚醒スキル

アイコン 個数 効果
1個 他のモンスターにアシストすると自分の覚醒スキルが付与される。
2個 暗闇攻撃を40%の確率で無効化する。
1個 お邪魔攻撃や爆弾攻撃を20%の確率で無効化する。
1個 毒攻撃を20%の確率で無効化する。
2個 火ドロップを横一列で揃えて消すと、火属性の攻撃力がアップ(1.30倍)。
1個 攻撃力が100アップする。

 

まとめ

・ラオウ(究極前)の2体目の使い道は、特にない
・ラオウ(究極進化)の2体目の使い道は、特にない
・ラオウ装備(アシスト進化)の2体目の使い道は、特にない
・確保する優先順位は、ラオウ(究極進化)またはラオウ装備(アシスト進化)

 

ラオウ(究極前)は、サブやアシストで使えるが2体以上編成することやアシストすることはほとんどない。

ラオウ(究極進化)は、リーダーで活躍できるが助っ人用に確保する必要はない。

また、サブでも「ダメージ無効貫通」枠として活躍できるが、パーティに2体以上編成することはほとんどない。

優先して確保したいのは、リーダーやサブでとても優秀なラオウ(究極進化)またはラオウ装備(アシスト進化)をおすすめします。

 

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

関連記事(北斗の拳コラボ)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー