【パズドラ】クリスマスサレーネの評価と2体目の使い道!

この記事は3分で読めます


 

ブログをお読みいただき、どうもありがとうございます。
『パズドラモンスター評価係 by ぷれいんち』運営者のぷれいんちです。

この記事では、クリスマスガチャのクリスマスサレーネについて書いております。

  • クリスマスサレーネの評価(強い点・弱い点)がわからない。
  • クリスマスサレーネの1体目の使い道がわからない。
  • クリスマスサレーネの2体目以降の使い道がわからない。

どれか一つでも当てはまる場合は、最後まで記事を読んでみてください。

とくに2体目以降の使い道を押さえておけば、育成したほうがいいのか、モンスター交換に使ってもいいのか迷わなくなります。
また、超覚醒や潜在覚醒を頻繁に変更する必要がなくなるので、プラスや潜在たまドラを無駄に消費することがなくなります。

それでは、各項目でしっかり解説しています。
ぜひ、参考にしてみてください。

 

クリスマスサレーネ表記説明


サイト表記名:クリスマスサレーネ
正式名称:聖門の大魔女・サレーネ

サイト表記名:クリスマスサレーネ装備
正式名称:転寝の魔帽子・コーザ

 


 

クリスマスサレーネ(クリスマスガチャ)の性能評価

クリスマスサレーネの性能評価を紹介します。

 

クリスマスサレーネ

 

性能 強い点・弱い点
リーダー性能 【強い点】
・HP1.5倍、最大倍率22.5倍、回復力1.5倍、固定5万ダメージ
・リーダースキルの条件(火属性+火を6個以上つなげて消す)
・「火属性強化」5個(火の列消しで1.75倍)
・「ダンジョンボーナス」3個(6%/超覚醒含む)
・火花火+ヘイスト(2ターン)スキル
【弱い点】
・ダメージ軽減なし
・「封印耐性」なし
サブ性能 【強い点】
・「火属性強化」6個(火の列消しで1.75倍)
・「ダンジョンボーナス」3個(6%/超覚醒含む)
・火花火+ヘイスト(2ターン)スキル
【弱い点】
・アタッカー枠にはならない
アシスト性能 【強い点】
・火花火+ヘイスト(2ターン)スキル
【弱い点】
・特にない

リーダーとしては、HPと回復力が1.5倍だが、ダメージ軽減できないので、耐久力は高いとは言えない。
リーダースキルの条件からダンジョン周回に向いているリーダーで、超覚醒を含めて「ダンジョンボーナス」を3個持っているので、リーダーフレンドでドロップ率を12%アップさせることができる。
コラボダンジョンのメダル集めでとても役立つ。

サブとしては、「火属性強化」を5個持っているので、火属性の列パーティで使える。
また、火花火+ヘイスト(2ターン)スキルも相性がいい。

アシストとしては、火花火+ヘイスト(2ターン)スキルなので、ダンジョン周回でとても使える。

クリスマスサレーネ装備

 

性能 強い点・弱い点
アシスト性能 【強い点】
・「ダンジョンボーナス」1個付与(2%)
・「封印耐性」2個付与(40%)
・「火属性強化」2個付与(火の列消しで1.30倍)
・火花火+ヘイスト(2ターン)スキル
【弱い点】
・特にない

「ダンジョンボーナス」を1個と「封印耐性」と「火属性強化」を各2個付与できるので、クリスマスサレーネの性能をより高められる相性抜群のアシスト装備。
また、コラボダンジョンのコイン集めパーティのアシストで使える。


 

クリスマスサレーネ(クリスマスガチャ)の優先順位と2体目以降の使い道

クリスマスサレーネの優先順位と2体目以降の使い道を紹介します。

項目 結論
1体目の使い道 クリスマスサレーネ
リーダー(周回)、サブ(火属性の列パーティ)、アシスト
2体目の使い道 クリスマスサレーネ
助っ人(フレンド)、アシスト
3体目の使い道 クリスマスサレーネ装備
「ダンジョンボーナス」1個と「封印耐性」と「火属性強化」を各2個付与、火花火+ヘイスト(2ターン)スキル
4体目以降の使い道 クリスマスサレーネ装備

1体目は、ダンジョン周回に向いているリーダーや、火属性の列パーティのサブで活躍できるクリスマスサレーネ。
2体目は、助っ人用にクリスマスサレーネ。
3体目は、「ダンジョンボーナス」1個と「封印耐性」と「火属性強化」を各2個付与、火花火+ヘイスト(2ターン)スキルのクリスマスサレーネ装備。
4体目以降は、クリスマスサレーネ装備。

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

関連記事(クリスマスガチャ)


クリスマスたまドラ

クリスマススカーレット

クリスマスグレモリー

クリスマスカーリー

クリスマスイルミナ

クリスマスヨグソトース

クリスマスロミア

 


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー