エイル(パズドラ)の2体目の使い道!超覚醒や潜在覚醒は?

この記事は6分で読めます


 

ブログをお読みいただき、どうもありがとうございます。
『パズドラモンスター評価係 by ぷれいんち』運営者のぷれいんちです。

この記事では、降臨モンスターのエイルについて書いております。

  • エイルの2体目以降の使い道がわからない。
  • エイルの超覚醒に何を付ければいいかわからない。
  • エイルの潜在覚醒に何を付ければいいかわからない。

どれか一つでも当てはまる場合は、最後まで記事を読んでみてください。

2体目以降の使い道を押さえておけば、育成やモンスターポイント(売却)にしていいのか迷わなくなります。
また、超覚醒や潜在覚醒を頻繁に変更する必要がなくなるので、プラスや潜在たまドラを無駄に消費することがなくなります。

 

エイル表記説明


サイト表記名:エイル(究極進化)
正式名称:冥刀の医女神・エイル

サイト表記名:エイル(ドット進化)
正式名称:ドット・影刀の医女神・エイル

 

では、2体目以降の使い道、おすすめの超覚醒や潜在覚醒を紹介します。

項目 結論
1体目の使い道 エイル(ドット進化)
サブ(回復力補強枠、「(超)追加攻撃」枠)
2体目の使い道 エイル(究極進化)
サブ(回復力補強枠、アタッカー枠)
3体目以降の使い道 モンスターポイント(売却)
おすすめの超覚醒 エイル(究極進化)「HP50%以下強化」か「操作不可耐性」
エイル(ドット進化)「操作不可耐性」
おすすめの潜在覚醒 「スキル遅延耐性」や「回復強化(+)」

 

このような結論になった理由は、各項目でしっかり解説しています。
ぜひ、参考にしてみてください。


 

エイル(降臨モンスター)の性能評価

エイルの性能評価を紹介します。

 

エイル(究極進化)

 

性能 強い点・弱い点
リーダー性能 【強い点】
・HP2倍、ダメージ軽減(25%)
・「回復ドロップ強化」3個(4個消しで単体回復力3.375倍)
・バインド/覚醒無効状態回復(5ターン)+最上段横1列変換(回復)スキル
【弱い点】
・回復力等倍
・最大倍率が低い(10倍)
・リーダースキルの条件(闇属性+6コンボ以上+回復の2コンボ以上)
サブ性能 【強い点】
・「回復ドロップ強化」3個(4個消しで単体回復力3.375倍)
・「HP50%以下強化」3個(単体火力8倍/超覚醒含む)
・バインド/覚醒無効状態回復(5ターン)+最上段横1列変換(回復)スキル
【弱い点】
・特にない

 

エイル(ドット進化)

 

性能 強い点・弱い点
リーダー性能 【強い点】
・HP2倍、最大倍率16倍、ダメージ軽減、1コンボ加算
・「回復ドロップ強化」3個(4個消しで単体回復力3.375倍)
・「超追加攻撃」1個
・「追加攻撃」
・バインド/覚醒無効状態回復(5ターン)+最上段横1列変換(回復)スキル
【弱い点】
・回復力等倍
・リーダースキルの条件(ドット進化のみでチームを組む+回復の2コンボ以上)
サブ性能 【強い点】
・「回復ドロップ強化」3個(4個消しで単体回復力3.375倍)
・「超追加攻撃」1個
・「追加攻撃」
・バインド/覚醒無効状態回復(5ターン)+最上段横1列変換(回復)スキル
【弱い点】
・アタッカー枠にはならない

 

エイル(降臨モンスター)の優先順位と2体目以降の使い道

エイルの優先順位と2体目以降の使い道を紹介します。

項目 結論
1体目の使い道 エイル(ドット進化)
サブ(回復力補強枠、「(超)追加攻撃」枠)
2体目の使い道 エイル(究極進化)
サブ(回復力補強枠、アタッカー枠)
3体目以降の使い道 モンスターポイント(売却)

 

超覚醒と潜在覚醒のおすすめは?

エイルに付ける超覚醒と潜在覚醒のおすすめを紹介します。

 

超覚醒のおすすめは?

エイルの超覚醒は

アイコン 効果
HP50%以下で攻撃力がアップ(2倍)する。
回復ドロップ5個をL字型に消すと敵から受けるダメージを軽減(5%)し、攻撃力がアップ(1.5倍)する。
操作不可攻撃を無効化する。

エイル(究極進化)は、覚醒スキルに「HP50%以下強化」を2個持っているので、「HP50%以下強化」がおすすめ。
「HP50%以下強化」3個持ちになるので、「HP50%以下強化」発動で単体火力が8倍。
ただ、操作不可攻撃のあるダンジョンで、他の枠やアシスト装備で対策できない場合は、「操作不可耐性」に付けかえてもいい。

エイル(ドット進化)は、サポート性能を高められる「操作不可耐性」がおすすめ。
他の枠やアシスト装備の選択肢を広げられる。

なので、おすすめの超覚醒は、エイル(究極進化)は「HP50%以下強化」や「操作不可耐性」、エイル(ドット進化)は「操作不可耐性」。

 

潜在覚醒のおすすめは?

エイルのスキルは、バインド/覚醒無効状態回復(5ターン)+最上段横1列変換(回復)なので、使いどころもあり、「回復ドロップ強化」と相性がいい。

スキル(アシストしたスキルも含む)を使いたいときに使えるように、「スキル遅延耐性」がおすすめ。
「スキル遅延耐性」は必要な分だけ付ければいいので、枠が空いていれば、倒したい敵のタイプに合った潜在キラーを付けて、アタッカー性能を高めましょう。

また、スキル遅延攻撃のないダンジョンでは、サポート性能やアタッカー性能を高められる潜在覚醒に付けかえてもいい。

エイル(究極進化/ドット進化)は、神・回復タイプなので、「悪魔キラー」と「ドラゴンキラー」と「攻撃キラー」を付けられる。

また、エイル(究極進化/ドット進化)は、覚醒スキルに「回復ドロップ強化」を3個持っているので、「回復強化」の3個付けもおすすめ。

なので、おすすめの潜在覚醒は、「スキル遅延耐性」や「回復強化(+)」。

 


 

エイル(降臨モンスター)の基本情報

エイルの基本情報を紹介します。

 

エイル(究極進化)

エイル(究極進化)の基本情報を紹介します。

 

アイコン

 

ステータス
属性 タイプ アシスト設定
闇・木 神・回復 ×
HP 攻撃 回復
4,220(4,866) 1,695(1,935) 1,180(1,357)

※ステータスは+297時、()内の数字は限界突破Lv110時

 

リーダースキル
霊草の医術
闇属性のHPと攻撃力が2倍。6コンボ以上で攻撃力が2.5倍。
回復の2コンボ以上でダメージを軽減(25%)、攻撃力が2倍。

 

スキル
ソウルトリートメント
バインド状態と覚醒無効状態を5ターン回復。
最上段横1列を回復ドロップに変化。
スキルターン:40ターン(Lv.1) ⇒ 10ターン(最大Lv.31)

 

覚醒スキル
アイコン 個数 効果
2個 自分自身へのバインド攻撃を100%の確率で無効化する。
1個 チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる。
1個 スキル封印を20%の確率で無効化する。
3個 強化された回復ドロップの出現率が60%、回復力がアップ(1.21倍)。
回復の4個消しで自身の回復力がアップ(3.375倍)。
2個 HP50%以下で攻撃力がアップ(4倍)する。

 

超覚醒
アイコン 効果
HP50%以下で攻撃力がアップ(2倍)する。
回復ドロップ5個をL字型に消すと敵から受けるダメージを軽減(5%)し、攻撃力がアップ(1.5倍)する。
操作不可攻撃を無効化する。

 

付けられる潜在キラー

 

エイル(ドット進化)

エイル(ドット進化)の基本情報を紹介します。

 

アイコン

 

ステータス
属性 タイプ アシスト設定
闇・木 神・回復
HP 攻撃 回復
4,520() 1,695() 1,230()

※ステータスは+297時、()内の数字は限界突破Lv110時

 

リーダースキル
霊葉の医術
ドット進化のみでチームを組むと、HPと攻撃力が2倍。
回復の2コンボ以上でダメージを軽減、攻撃力が8倍、1コンボ加算。

 

スキル
ソウルトリートメント
バインド状態と覚醒無効状態を5ターン回復。
最上段横1列を回復ドロップに変化。
スキルターン:40ターン(Lv.1) ⇒ 10ターン(最大Lv.31)

 

覚醒スキル
アイコン 個数 効果
2個 自分自身へのバインド攻撃を100%の確率で無効化する。
1個 チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる。
1個 スキル封印を20%の確率で無効化する。
3個 強化された回復ドロップの出現率が60%、回復力がアップ(1.21倍)。
回復の4個消しで自身の回復力がアップ(3.375倍)。
1個 回復ドロップを3×3の正方形で消すと攻撃力がアップ(2倍)し99ダメージの追い打ち。
1個 回復ドロップを縦一列でそろえて消すと1ダメージの追い打ち。

 

超覚醒
アイコン 効果
HP50%以下で攻撃力がアップ(2倍)する。
回復ドロップ5個をL字型に消すと敵から受けるダメージを軽減(5%)し、攻撃力がアップ(1.5倍)する。
操作不可攻撃を無効化する。

 

付けられる潜在キラー

 

まとめ

  • エイルの1体目の使い道は、エイル(ドット進化)でサブ(回復力補強枠、「(超)追加攻撃」枠)
  • エイルの2体目の使い道は、エイル(究極進化)でサブ(回復力補強枠、アタッカー枠)
  • エイルの3体目以降の使い道は、モンスターポイント(売却)
  • おすすめの超覚醒は、エイル(究極進化)「HP50%以下強化」か「操作不可耐性」、エイル(ドット進化)「操作不可耐性」
  • おすすめの潜在覚醒は、「スキル遅延耐性」や「回復強化(+)」

 

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー