【パズドラ】テュオレの評価と2体目の使い道!リーダーで強いのは優秀なスキルのおかげ!


 

ブログをお読みいただき、どうもありがとうございます。
『パズドラモンスター評価係 by ぷれいんち』運営者のぷれいんちです。

この記事では、ゴッドフェス限定のテュオレについて書いております。

  • テュオレの評価(強い点・弱い点)がわからない。
  • テュオレの1体目の使い道がわからない。
  • テュオレの2体目以降の使い道がわからない。

どれか一つでも当てはまる場合は、最後まで記事を読んでみてください。

とくに2体目以降の使い道を押さえておけば、育成したほうがいいのか、モンスター交換に使ってもいいのか迷わなくなります。
また、超覚醒や潜在覚醒を頻繁に変更する必要がなくなるので、プラスや潜在たまドラを無駄に消費することがなくなります。

それでは、各項目でしっかり解説しています。
ぜひ、参考にしてみてください。

 

テュオレ表記説明


サイト表記名:テュオレ
正式名称:テュオレ

サイト表記名:究極テュオレ
正式名称:僥倖の誓女神・テュオレ

 


 

テュオレ(ゴッドフェス限定)の性能評価

テュオレの性能評価を紹介します。

 

テュオレ

 

性能強い点・弱い点
リーダー性能【強い点】
・HP2.1倍、最大倍率17倍、ダメージ軽減、2コンボ加算
・リーダースキルの条件(光属性+2色以上同時攻撃+光を5個以上つなげて消す)
・「スキルブースト+」2個(超覚醒含む)
・「スキルブースト」1個
・「毒耐性+」(超覚醒)
・「暗闇耐性+」(超覚醒)
・落ちコンなし(3ターン)+ロック解除+光生成(回復以外・5個)スキル
・最短3ターンで使えるスキル
※「スキルブースト+」と「毒耐性+」と「暗闇耐性+」を同時に満たすことはできません
【弱い点】
・回復力等倍
・バインド攻撃に弱い
サブ性能【強い点】
・「スキルブースト+」2個(超覚醒含む)
・「スキルブースト」1個
・「超コンボ強化」1個(単体火力5倍)
・「コンボ強化」1個(単体火力2倍)
・「光コンボ強化」3個(光の2コンボ以上で1.45倍)
・「毒耐性+」(超覚醒)
・「暗闇耐性+」(超覚醒)
・最短3ターンで使えるスキル
※「スキルブースト+」と「毒耐性+」と「暗闇耐性+」を同時に満たすことはできません
【弱い点】
・バインド攻撃に弱い
アシスト性能【強い点】
・特にない
【弱い点】
・特にない

リーダーとしては、回復力が等倍だが、HPは2.1倍で、ダメージ軽減もできるので、耐久力はある。
フレンドは、回復力に2倍以上の倍率があり、ダメージ軽減もできるリーダースキルがおすすめ。
ただ、バインド攻撃に弱いので、アシスト装備で「バインド耐性+」を付けましょう。
超覚醒は、「スキルブースト」の調整が必要なときは「スキルブースト+」、ギミック対策が必要なときは「毒耐性+」か「暗闇耐性+」がおすすめ。
スキルは、落ちコンなし(3ターン)+ロック解除+光生成(回復以外・5個)なので、リーダースキルと相性抜群。
落ちコンなしになるが、2コンボ加算できるので、あまり問題にならない。

サブとしては、「超コンボ強化」と「コンボ強化」を各1個持っているので、10コンボ以上で単体火力が10倍。
10コンボ以上組まないとアタッカー枠として使えないので、コンボ加算のあるパーティや7×6マスパーティだと、安定してアタッカー枠として使える。
また、「光コンボ強化」を3個持っているので、光の2コンボ以上で光属性の火力を1.45倍底上げできる。
ただ、バインド攻撃に弱いので、アシスト装備で「バインド耐性+」を付けましょう。
超覚醒は、「スキルブースト」の調整が必要なときは「スキルブースト+」、ギミック対策が必要なときは「毒耐性+」か「暗闇耐性+」がおすすめ。
スキルは、落ちコンなし(3ターン)+ロック解除+光生成(回復以外・5個)なので、あまり強力ではない。
最短3ターンで使えるスキルなので、ダンジョンやパーティ合ったスキルをアシストしやすい。

アシストとしては、落ちコンなし(3ターン)+ロック解除+光生成(回復以外・5個)スキルなので、アシストして使うことはほとんどない。

究極テュオレ

 

性能強い点・弱い点
リーダー性能【強い点】
・操作時間10秒、HP1.5倍、最大倍率16.5倍、回復力1.5倍、ダメージ半減、2コンボ加算
・リーダースキルの条件(木と光属性+木光の同時攻撃)
・「スキルブースト+」2個(超覚醒含む)
・「追加攻撃」
・「毒耐性+」(超覚醒)
・「暗闇耐性+」(超覚醒)
・攻撃力エンハンス(1ターン・木と光属性・2倍)+消せないドロップ/覚醒無効状態全回復スキル
※「スキルブースト+」と「毒耐性+」と「暗闇耐性+」を同時に満たすことはできません
【弱い点】
・特にない
サブ性能【強い点】
・「スキルブースト+」2個(超覚醒含む)
・「追加攻撃」
・「超コンボ強化」1個(単体火力5倍)
・「ダメージ無効貫通」2個(単体火力6.25倍)
・「悪魔キラー」3個(悪魔タイプに27倍/超覚醒含む)
・「毒耐性+」(超覚醒)
・「暗闇耐性+」(超覚醒)
・攻撃力エンハンス(1ターン・木と光属性・2倍)+消せないドロップ/覚醒無効状態全回復スキル
※「スキルブースト+」と「毒耐性+」と「暗闇耐性+」と「悪魔キラー」を同時に満たすことはできません
アシスト性能【強い点】
・攻撃力エンハンス(1ターン・木と光属性・2倍)+消せないドロップ/覚醒無効状態全回復スキル
【弱い点】
・特にない

リーダーとしては、HPと回復力が1.5倍で、ダメージ半減もできるので、耐久力は高い。
操作時間10秒固定なので、ドロップ操作時間短縮に強いが、パズル操作が苦手だと使いづらい。
リーダーフレンドでも使えるが、フレンドは、追い打ちができるリーダースキルもおすすめ。
超覚醒は、「スキルブースト」の調整が必要なときは「スキルブースト+」、ギミック対策が必要なときは「毒耐性+」か「暗闇耐性+」がおすすめ。
スキルは、攻撃力エンハンス(1ターン・木と光属性・2倍)+消せないドロップ/覚醒無効状態全回復なので、火力補強と状態異常回復が同時にできる。

サブとしては、「超コンボ強化」を1個と「ダメージ無効貫通」と「悪魔キラー」を2個持っているので、3×3の正方形を含む10コンボ以上で単体火力が31.25倍。
10コンボ以上組まないと「ダメージ無効貫通」枠として使えないので、コンボ加算のあるパーティや7×6マスパーティだと、安定して「ダメージ無効貫通」枠として使える。
とくに、悪魔タイプの敵に対しては、10コンボ以上で45倍、3×3の正方形で消すと56.25倍、3×3の正方形を含む10コンボ以上で281.25倍。
また、「追加攻撃」を持っているのもいい。
超覚醒は、「スキルブースト」の調整が必要なときは「スキルブースト+」、ギミック対策が必要なときは「毒耐性+」か「暗闇耐性+」、悪魔タイプの敵ぜったい倒すマンにするなら「悪魔キラー」がおすすめ。
スキルは、攻撃力エンハンス(1ターン・木と光属性・2倍)+消せないドロップ/覚醒無効状態全回復なので、火力補強と状態異常回復が同時にできる。

アシストとしては、攻撃力エンハンス(1ターン・木と光属性・2倍)+消せないドロップ/覚醒無効状態全回復スキルなので、木か光属性のパーティの火力補強と状態異常回復で使える。


 

テュオレ(ゴッドフェス限定)の優先順位と2体目以降の使い道

テュオレの優先順位と2体目以降の使い道を紹介します。

項目結論
1体目の使い道テュオレ
リーダー(攻略)、サブ(「スキルブースト」枠かギミック対策枠、アタッカー枠、光属性の火力補強枠)
2体目の使い道究極テュオレ
リーダー(攻略)、サブ(「スキルブースト」枠かギミック対策枠、アタッカー枠(悪魔タイプ)、「ダメージ無効貫通」枠(とくに悪魔タイプ)、「追加攻撃」枠)、アシスト
3体目の使い道究極テュオレ
助っ人
4体目以降の使い道テュオレ
予備(極醒進化、アシスト進化待ち)

1体目は、ダンジョン攻略に向いているリーダーや、「スキルブースト」かギミック対策枠、アタッカー枠や光属性の火力補強枠としてサブで活躍できるテュオレ。
2体目は、ダンジョン攻略に向いているリーダーや、「スキルブースト」枠かギミック対策枠、アタッカー枠(悪魔タイプ)や「ダメージ無効貫通」枠(とくに悪魔タイプ)、「追加攻撃」枠としてサブで活躍できる究極テュオレ。
3体目は、助っ人用として究極テュオレ。
4体目以降は、極醒進化やアシスト進化の予備としてテュオレ。

テュオレは、リーダー性能とサブ性能が高く、超覚醒も優秀なので、進化前と究極進化どちらも確保したいですね。
まだ、極醒進化やアシスト進化も残っているので、伸びしろも高いです。

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

関連記事(ゴッドフェス限定)


ネレ

グランディス

ノルザ

ユウリ

メノア

アルジェ

児雷也

ファスカ

ユリシャ

アルバート

レムゥ

ミアーダ

プリシラ

クラウス

 


 

コメント