【パズドラ】クリシュナの評価と2体目(複数)の使い道!どっちの進化先がオススメ?

この記事は5分で読めます

こんにちは、ぷれいんちです。

 

今回は、パズドラのクリシュナの簡易評価と2体目(複数)の使い道を紹介しますね。

また、クリシュナは分岐進化するので、どっちの進化先がオススメかも紹介します。

 

まず、無課金や微課金ユーザーは、BOX拡張に魔法石を使いづらいですよね!?

BOX拡張よりもガチャに魔法石を使って、強いモンスターを手に入れたいものです。

 

でも、ガチャで被ったモンスターをどうしようか迷っていませんか?

 

とりあえず、強いから複数持っておこうとか。

それとも、売却してモンスターポイントに交換しておこうとか。

今では、モンスター交換もできるので、交換用に持っておこうとか。

 

と、こんな感じで、複数手に入れたけど使い道に迷ってしまう。

そして、使い道に迷っているモンスターでBOXを圧迫してしまう。

 

そんな無課金や微課金ユーザーは、今回の記事を参考にしてみて下さい。

 


スポンサーリンク


クリシュナの簡易評価

まずは、クリシュナの簡易評価を進化先ごとに紹介します。

 

超究極クリシュナ

リーダースキル:天火律のチャクラ
火属性の全パラメータが1.5倍。
火の2コンボで攻撃力が3倍、3コンボ以上で4.5倍。

 

スキル:火の目覚め
3ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。
ランダムで火ドロップを2個生成。
(最短:6ターン)

 

覚醒スキル
火ドロップ強化:5個
強化された火ドロップの出現率が100%。
ダメージが1.25倍アップ。

 

火属性強化:1個
火ドロップを横一列で揃えて消すと、火属性の攻撃力がアップ(1.1倍)。

 

封印耐性:1個
スキル封印を20%の確率で無効化する。

 

スキルブースト:1個
チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる。

 

操作時間延長:1個
ドロップ操作時間が0.5秒延びる。

 

短評
・最大倍率6.75倍
・HPと回復力1.5倍(火属性)
・ダメージ軽減なし
・目覚めスキル(火ドロップ)
・火ドロップ強化5個(100%、1.25倍)
・バインド攻撃に弱い
・バランスタイプ(全潜在キラーを付けられる)

 

転生クリシュナ

リーダースキル:勇将神の魂
悪魔と攻撃タイプのHPと攻撃力が2倍。
火の2コンボ以上で攻撃力が上昇(3倍)、最大7.5倍(5コンボ)。

 

スキル:アグニロード
3ターンの間、火ドロップが少し落ちやすくなる。
右端縦1列を火ドロップに変化。
(最短:6ターン)

 

覚醒スキル
火ドロップ強化:2個
強化された火ドロップの出現率が40%。
ダメージが1.10倍アップ。

 

コンボ強化:1個
7コンボ以上で攻撃力がアップ(2倍)する。

 

封印耐性:1個
スキル封印を20%の確率で無効化する。

 

スキルブースト:2個
チーム全体のスキルが2ターン溜まった状態で始まる。

 

操作時間延長:2個
ドロップ操作時間が1.0秒延びる。

 

バインド耐性+:1個
自分自身へのバインド攻撃を無効化する。

 

超覚醒
L字消し攻撃
自分と同じ属性のドロップ5個をL字型に消すと攻撃力がアップ(1.5倍)し、盤面のロック状態を解除する。

 

コンボ強化
7コンボ以上で攻撃力がアップ(2倍)する。

 

ダメージ無効貫通
自分と同じ属性のドロップを3×3の正方形で消すと攻撃力がアップ(2.5倍)し、ダメージ無効を貫通する。

 

短評
・HP2倍(悪魔、攻撃タイプ)
・最大倍率15倍
・回復力等倍
・ダメージ軽減なし
・火の目覚め+右端縦1列変換スキル
・コンボ強化(2倍)
・完全バインド耐性
・L字消し攻撃(超覚醒)
・コンボ強化(超覚醒)
・ダメージ無効貫通(超覚醒)

 


スポンサーリンク


1体目はどっちの進化先がオススメ?

1体目のクリシュナのオススメの進化先を紹介します。

 

1体目は転生クリシュナ

1体目のオススメの進化先は、転生クリシュナですね。

 

転生クリシュナの最大の特徴は、バランスのいい覚醒スキル。

まず、リーダー性能から紹介。

転生クリシュナのリーダースキルを最大限満たすためには、フレンドとサブは、悪魔と攻撃タイプで編成することが大前提。

フレンドを転生クリシュナにしたとき、最大倍率は225倍と高い。

HPも4倍と高く、10万オーバーの高HPパーティとなる。

ただ、回復力は等倍でダメージ軽減もないので、割合ダメージや大ダメージはあまり受けたくない。

対策案は、『〇ターンの間、受けるダメージを軽減』や『〇ターンの間、最大HP□%分回復』のようなスキルを編成すること。

オススメは、クロユリループです。

クロユリはドラゴン・体力タイプなので、リーダースキルの条件を満たしていません。

だが、スキルターンが最短1ターンの究極マイネはドラゴン・悪魔タイプなので条件を満たす。

究極マイネにクロユリをアシストすることで、安定感抜群のクロユリループが可能。

ただ、究極マイネ(クロユリアシスト)を2体編成すると、残り2枠の編成がかなり限定されてしまう。

問題は複数のギミックを対策しきれないこと。

転生クリシュナと究極マイネで対策できるギミックは、『ダメージ無効』だけ。

他のギミックを残り2枠のサブとアシストで対策するしかありません。

また、最大倍率の条件が火の5コンボなので厳しい。

転生クリシュナ2体で火の目覚めをループできるが、毎回5コンボできるとは限らない。

サブ編成やアシストで悩む部分は多いかもしれないが、リーダー性能が高くて十分強いリーダーです。

ただ、回復力の低さを何とかしないと耐久しづらいので、クロユリループは必須級。

 

次に、サブ性能を紹介。

転生クリシュナの最大の特徴は、なんといってもバランスのいい覚醒スキル。

「火ドロップ強化」と「スキルブースト」と「操作時間延長」が2個ずつ。

「封印耐性」と「コンボ強化」と「バインド耐性+」が1個ずつ。

とてもバランスのいい覚醒スキルでムダがない。

また、超覚醒に「コンボ強化」を付けることで、覚醒スキルと合わせて2個持ちに。

汎用性の高いので様々なパーティのサブでアタッカーとして使える。

潜在覚醒キラーも主要キラーの「神・悪魔キラー」を付けられる。

ダンジョンに合った潜在キラーを付けて、アタッカーとしての性能を高められる。

また、火属性のダメージ無効貫通枠を持っていない場合は、「ダメージ無効貫通」を付けてもいい。

 

最後は、アシスト性能を紹介。

転生クリシュナのスキルは、火の目覚め+右端縦1列変換。

火ドロップを必ず5個確保できるうえ、火の目覚め効果もある。

ただ、火ドロップがたくさん必要なときは、2色変換や陣スキルの方が優秀。

あと、スキルターンが最短6ターンと短いので、アシストに向いている。

 

ということで、1体目のオススメの進化先は、バランスのいい覚醒スキルの転生クリシュナ!

 

2体目以降(複数)の使い道は?

2体目以降(複数)の使い道を紹介します。

 

2体目以降の使い道はモンスターポイント(売却)

2体目以降の使い道は、モンスターポイント(売却)ですね。

 

1体目のオススメの進化先で紹介した転生クリシュナは、複数体必要ありません。

リーダー性能は高いが、弱点である回復力の低さを補強しなくてはならないし、ギミック対策も必要。

また、最大倍率の条件を満たすには、2色変換や陣スキルなどで火ドロップをたくさん必要とする。

 

では、サブに2体編成したいかというと、こちらも必要ない。

転生クリシュナはバランスのいい覚醒スキルだが、強力なアタッカーではない。

「コンボ強化」3個持ちや同じキラー3個持ち、異なるキラー複数持ちの方が強力なアタッカー。

転生クリシュナを2体編成するよりも、他の枠でアタッカーやギミック対策をしましょう。

 

スキルのアシストはというと、あまりしない。

5個消しやL字消しパーティで使い道はあるが、転生クリシュナのスキルにこだわる必要性がない。

 

最後に、超究極クリシュナはというと必要ない。

どの性能も転生クリシュナに間違いなく劣る。

スキルも転生クリシュナの劣化版なので使えない。

 

ということで、2体目以降はモンスターポイント(売却)にしちゃいましょう!

 

まとめ

・1体目のオススメの進化先は、転生クリシュナ
・2体目以降の使い道は、モンスターポイント(売却)

 

初心者や無課金、微課金ユーザーは、リーダー(サブ)用に1体だけ育成しましょう!

2体目以降の使い道は、モンスターポイント(売却)なので、ムダに育成しないことをオススメしますね。

 

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

関連記事 : 【パズドラ】ヴィシュヌの評価と2体目(複数)の使い道!どっちの進化先がオススメ?

関連記事 : 【パズドラ】サラスヴァティの評価と2体目(複数)の使い道!どっちの進化先がオススメ?

関連記事 : 【パズドラ】ガネーシャの評価と2体目(複数)の使い道!どっちの進化先がオススメ?

関連記事 : 【パズドラ】ドゥルガーの評価と2体目(複数)の使い道!どっちの進化先がオススメ?

 


スポンサーリンク



 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー