【パズドラ】オイフェの評価と2体目(複数)の使い道!潜在覚醒のオススメは?

この記事は4分で読めます

こんにちは、ぷれいんちです。

 

今回は、パズドラのオイフェの簡易評価と2体目(複数)の使い道を紹介しますね。

また、潜在覚醒のオススメも紹介します。

 

まず、無課金や微課金ユーザーは、BOX拡張に魔法石を使いづらいですよね!?

BOX拡張よりもガチャに魔法石を使って、強いモンスターを手に入れたいものです。

 

でも、ガチャで被ったモンスターをどうしようか迷っていませんか?

 

とりあえず、強いから複数持っておこうとか。

それとも、売却してモンスターポイントに交換しておこうとか。

今では、モンスター交換もできるので、交換用に持っておこうとか。

 

と、こんな感じで、複数手に入れたけど使い道に迷ってしまう。

そして、使い道に迷っているモンスターでBOXを圧迫してしまう。

 

そんな無課金や微課金ユーザーは、今回の記事を参考にしてみて下さい。

 


スポンサーリンク


オイフェの簡易評価

まずは、オイフェの簡易評価を紹介します。

 

究極オイフェ

リーダースキル:蒼刃の剣舞
水属性のHPが1.5倍、攻撃力は3倍。ドロップ操作時間を3秒延長。
水の2コンボで攻撃力が2倍、3コンボ以上で3倍。

 

スキル:マジックレイン
ドロップのロック状態を解除。覚醒無効状態を3ターン回復。
火、お邪魔、毒ドロップを水ドロップに変化。
(最短:8ターン)

 

覚醒スキル
コンボ強化:3個
7コンボ以上で攻撃力がアップ(8倍)する。

 

封印耐性:1個
スキル封印を20%の確率で無効化する。

 

操作時間延長:2個
ドロップ操作時間が1.0秒延びる。

 

短評
・HP1.5倍(水属性)
・最大倍率4.5倍(水属性)
・ドロップ操作時間3秒延長
・回復力等倍
・ダメージ軽減なし
・ロック解除+覚醒無効状態回復(3ターン)+変換スキル
・コンボ強化3個(8倍)
・バインド攻撃に弱い

 


スポンサーリンク


1体目のオススメの使い道は?

究極オイフェ(1体目)のオススメの使い道を紹介します。

 

1体目のオススメの使い道はサブ

究極オイフェ(1体目)のオススメの使い道は、サブで使うことですね。

 

究極オイフェの最大の特徴は、「コンボ強化」3個持ち。

まず、リーダー性能から紹介。

究極オイフェのリーダースキルを最大限満たすためには、フレンドとサブは、水属性で編成することが大前提。

フレンドを究極オイフェにしたとき、HPは2.25倍だが回復力は等倍でダメージ軽減もない。

また、最大倍率が81倍と低いので、リーダーで使わない。

 

次に、サブ性能を紹介。

究極オイフェの最大の特徴は、なんといっても「コンボ強化」3個持ち。

7コンボ以上で単体火力は8倍と高く、水属性のアタッカーとして使える。

潜在覚醒は、神・攻撃タイプなので、『体力・悪魔キラー』を付けられる。

オススメは、「悪魔キラー」の3個付け。

悪魔タイプが多く出現するダンジョンで、アタッカー性能を高められる。

なので、オススメの潜在覚醒は「悪魔キラー」。

ただ、究極オイフェは、バインド攻撃に弱い。

サブに編成するときは、他の枠でバインド回復枠を編成しましょう。

スキルは、ロック解除+覚醒無効状態回復(3ターン)+変換。

ロック解除+変換は、必ず火・お邪魔・毒ドロップを水ドロップに変換でき、盤面妨害対策でも使える。

覚醒無効状態回復(3ターン)は、覚醒無効対策で使える。

スキルターンが最短8ターンと短いので、早い段階で使えたり、アシストに向いている。

 

最後は、アシスト性能を紹介。

究極オイフェのスキルは、スキルは、ロック解除+覚醒無効状態回復(3ターン)+変換。

ロック解除+変換は、必ず火・お邪魔・毒ドロップを水ドロップに変換でき、盤面妨害対策でも使える。

覚醒無効状態回復(3ターン)は、覚醒無効対策で使える。

スキルターンが最短8ターンと短いので、アシストに向いている。

 

ということで、1体目のオススメの使い道は、汎用性の高い「コンボ強化」3個持ちで水属性のアタッカーとして活躍できるサブ!

 

2体目以降(複数)の使い道は?

2体目以降(複数)の使い道を紹介します。

 

2体目以降の使い道はモンスターポイント(売却)

2体目以降の使い道は、モンスターポイント(売却)ですね。

 

1体目のオススメの使い道で紹介した究極オイフェは、サブに使い道がある。

まず、究極オイフェをリーダーにしたとき、2体目をサブに編成しません。

究極オイフェは、ドロップロック・覚醒無効・盤面妨害対策以外のギミック対策ができない。

また、究極オイフェは、バインド攻撃に弱い。

リーダーとサブに編成すると、他の枠でバインド回復枠を含めたギミック対策をしなくてはならない。

では、サブに2体(複数体)編成したいかというと、編成する必要はない。

リーダーとサブに2体編成したとき同様、ギミック対策を優先したい。

残りの枠でギミック対策やより強力なアタッカーを編成した方がいい。

また、アシスト用に2体目を確保したいかというと、確保する必要はない。

究極オイフェのスキルは、アシスト用に確保したいほど強力ではない。

なので、究極オイフェは複数体必要ない。

 

ということで、2体目以降はモンスターポイント(売却)にしちゃいましょう!

 

まとめ

・1体目のオススメの使い道は、サブ
・2体目以降の使い道は、モンスターポイント(売却)

 

初心者や無課金、微課金ユーザーは、サブ用に1体だけ育成しましょう!

2体目以降は、モンスターポイント(売却)なので、ムダに育成しないことをオススメしますね。

 

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

関連記事 : 【パズドラ】ブリギッドの評価と2体目(複数)の使い道!潜在覚醒のオススメは?

関連記事 : 【パズドラ】ダグザの評価と2体目(複数)の使い道!潜在覚醒のオススメは?

関連記事 : 【パズドラ】ルーの評価と2体目(複数)の使い道!潜在覚醒のオススメは?

関連記事 : 【パズドラ】アリアンロッドの評価と2体目(複数)の使い道!潜在覚醒のオススメは?

 


スポンサーリンク



 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー