【パズドラ】キオの1体目と2体目以降の使い道


 

ブログをお読みいただき、どうもありがとうございます。
『パズドラモンスター評価係 by ぷれいんち』運営者のぷれいんちです。

この記事では、ゴッドフェス限定のキオの2体目以降の使い道について書いております。

まず、ゴッドフェス限定のモンスターは、リーダー・サブ・アシスト・モンスター交換・モンスターポイント(売却)など、使い道の候補がたくさんあります。

1体目はもちろんのこと、2体目以降の使い道もしっかり押さえておけば、育成したほうがいいのか、モンスター交換に使ってもいいのか、売却してモンスターポイントにしてもいいのか、迷わなくなります。

それでは、各項目でしっかり解説しています。
ぜひ、参考にしてみてください。

 


 

キオ(ゴッドフェス限定)の使い道

キオの1体目と2体目以降の使い道を紹介します。

 

1体目の使い道

1体目は、サブがおすすめ。
理由は、下記2点。

1点目:「ダメージ無効貫通」4個持ち
超覚醒を含めて「ダメージ無効貫通」を4個持ち。
3×3の正方形で消すと単体火力が39.0625倍なので、光属性の「ダメージ無効貫通」枠として活躍できる。

2点目:アシストしやすい
最短2ターンで使えるスキルなので、ダンジョンやパーティに合ったスキルをアシストしやすい。
「ダメージ無効貫通」4個を活かしやすい2色陣スキルなどがおすすめ。

2体目以降の使い道

2体目以降は、進化前の我乱童子。

キオを2体以上編成することや、アシストで使うことはほとんどないので、進化前の我乱童子の状態で確保しておきましょう。


 

まとめ

・1体目の使い道は、サブ(「ダメージ無効貫通」枠)。
・2体目以降の使い道は、進化前の我乱童子。

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

関連記事(ゴッドフェス限定・光属性レア7)


秘境の大魔女・サレーネ

選魂の戦姫神・ヴァルキリー-CIEL-

怒雷の全能神・ゼウス-GIGA-

神都の守護神・アテナ-NON-

戴天の黄龍帝・ファガン-RAI-

雲外の大魔女・ファスカ

 


 

コメント