【パズドラ】ロザリン(ハイビスカス)の1体目と2体目以降の使い道


 

ブログをお読みいただき、どうもありがとうございます。
『パズドラモンスター評価係 by ぷれいんち』運営者のぷれいんちです。

この記事では、星を紡ぐ精霊シリーズのロザリン(ハイビスカス)の2体目以降の使い道について書いております。

まず、星を紡ぐ精霊シリーズのモンスターは、ガチャでしか手に入れることができません。

1体目はもちろんのこと、2体目以降の使い道もしっかり押さえておけば、育成したほうがいいのか、売却してモンスターポイントにしてもいいのか、迷わなくなります。

それでは、各項目でしっかり解説しています。
ぜひ、参考にしてみてください。

 


 

ロザリン(ハイビスカス)の使い道

ロザリンの1体目と2体目以降の使い道を紹介します。

 

1体目の使い道

1体目は、リーダーがおすすめ。
理由は、下記3点。

1点目:リーダー性能がとても高い
最大倍率16倍、ダメージ軽減(70%)、3コンボ加算、固定1ダメージ。

2点目:リーダースキルの条件が簡単
火属性+9コンボ以上+火の2コンボ以上。

3点目:リーダースキル、スキル、覚醒スキル「火コンボ強化」が相性抜群
覚醒スキルに「火コンボ強化」を2個持っているため、火の2コンボで1.30倍。
また、リーダースキルの条件に火の2コンボ以上があるため、最大倍率は20.8倍となる。
スキルが、攻撃力エンハンス(1ターン・「火コンボ強化」の覚醒数に応じて上昇)+火変換(回復以外・6個)なので、リーダースキルと「火コンボ強化」と相性抜群。
また、最短2ターンで使えるので、回転率が高い。

弱い点としては、バインド攻撃に弱いこと。
バインド攻撃のあるダンジョンでは、アシスト装備で「バインド耐性+」を付けて対策しましょう。


 

2体目の使い道

2体目は、ロザリンパーティのサブがおすすめ。
理由は、下記2点。

1点目:2体でスキルループ
ロザリンのスキルは、最短2ターンで使えるので、リーダーとサブの2体でループが可能。
「火コンボ強化」の覚醒数に応じて上昇する攻撃力エンハンス、火変換スキルを毎ターン使えるので、リーダースキルの条件を満たしやすく、最大倍率も数倍にすることができる。

2点目:単体火力が高い
覚醒スキルに「コンボ強化」を4個と「ダメージ無効貫通」を1個持っているため、7コンボ以上で単体火力が16倍。
また、3×3の正方形を含む7コンボ以上で40倍のため、アタッカー枠や「ダメージ無効貫通」枠として優秀。


 

3体目の使い道

3体目は、アシスト装備がおすすめ。
理由は、下記2点。

1点目:付与できる覚醒スキルが優秀
「バインド耐性+」を付与できるだけでも優秀なアシスト装備だが、「雲耐性」や「チームHP強化」を2個付与できるため、ギミック対策やパーティのHPを10%アップできる。

2点目:貴重なスキル
3×3の正方形に火ドロップを1つ生成できる貴重なスキル。
また、2ターンの間、回復力と火属性の攻撃力が4倍になるため、周回やランダンでも使える。

4体目以降の使い道

4体目以降は、ガチャでしか手に入らないため、予備として持っておきましょう。


 

まとめ

・1体目の使い道は、リーダー。
・2体目の使い道は、ロザリンパーティのサブ。
・3体目の使い道は、アシスト装備。
・4体目以降の使い道は、予備。

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

関連記事(星を紡ぐ精霊シリーズ)

 


ナツル(アジサイ)

フィリス(ダリア)

セッカ(ユキノシタ)

オルネア(ハエトリグサ)

ディーノ(トリカブト)

シュリィ(ベニテングタケ)

メアリス(アサガオ)

ヨアキム(パンジー)

ナルサス(スイセン)

ジェラ(ラフレシア)

 


 

コメント