【パズドラ】アトリ(幻画師)の評価と2体目以降の使い道


 

ブログをお読みいただき、どうもありがとうございます。
『パズドラモンスター評価係 by ぷれいんち』運営者のぷれいんちです。

この記事では、幻画師シリーズのアトリの評価と2体目以降の使い道について書いております。

まず、幻画師シリーズのレア7のモンスターは、ガチャだけでしか手に入れることができません。

1体目はもちろんのこと、2体目以降の使い道もしっかり押さえておけば、育成したほうがいいのか、売却してモンスターポイントにしてもいいのか、迷わなくなります。

それでは、各項目でしっかり解説しています。
ぜひ、参考にしてみてください。

 


 

アトリの各形態評価

アトリの各形態の評価を紹介します。

水彩幻画師・アトリ

水彩幻画師・アトリの強い点は、下記2点。

1点目:「スキルブースト」2個持ち
覚醒スキルに「スキルブースト」を2個持っているため、変身キャラとして使いやすい。

2点目:リーダーチェンジスキル
スキルは、リーダーチェンジ+変身。
サブの時にリーダーと入れ替わり変身するため、ダンジョン突入時のリーダーは、7×6マスリーダーがおすすめ。


 

彩妖精の水彩幻画師・アトリ

彩妖精の水彩幻画師・アトリの強い点は、下記6点。

1点目:リーダー性能が高い
6×5マス:最大倍率26.8倍、ダメージ激減、固定560万ダメージ、2コンボ加算。
7×6マス:最大倍率68.7倍、ダメージ激減、固定720万ダメージ、2コンボ加算。

2点目:リーダースキルの条件が簡単
ドロップの4個消し+5色+回復の同時攻撃。

3点目:「操作時間延長+」3個持ち
覚醒スキルに「操作時間延長+」を3個持ち、操作時間が3秒延長のため、パズル操作に余裕が持て、難易度の高いリーダースキルの条件が満たしやすい。

4点目:単体火力が58倍
覚醒スキルに「5色攻撃強化」と「2体攻撃」を各2個持ち、木や水ドロップの4個消しを含む5色同時攻撃で単体火力が58倍のため、多色パーティのアタッカー枠として使える

5点目:「ガードブレイク」持ち
覚醒スキルに「ガードブレイク」を持ち、5属性同時攻撃すると敵の防御力を無視してダメージを与えるため、高防御力対策ができ、「5色攻撃強化」と相性がいい。

6点目:リーダースキルと相性がいいダメージ無効貫通スキル
スキルは、ダメージ無効貫通(1ターン)+ロック解除+6色生成(5属性+回復・各4個)。
必ず5属性+回復ドロップを各4個生成し、1ターンの間、ダメージ無効を貫通できるため、難易度の高いリーダースキルの条件(ドロップの4個消し+5色+回復の同時消し)と相性がいい。
また、最短3ターンで使えるため、回転率も高く使いやすい。


 

アトリのパレット

アトリのパレットの強い点は、下記2点。

1点目:火力の補強ができる覚醒スキル付与
「5色攻撃強化」を1個付与できるため、5色同時攻撃で単体火力を4.5倍アップできるようになる。

2点目:多色パーティで使いやすい状態異常とHP全回復スキル
スキルは、消せないドロップ/バインド/覚醒無効状態全回復+HP全回復+ロック解除+6色陣(5属性+回復)。
盤面を必ず5属性+回復ドロップに変換できるため、多色パーティで使いやすい。
また、消せないドロップ、バインド、覚醒無効状態とHPを全回復できるため、使いどころも多い。


 

1体目や2体目以降の使い道

アトリの使い道を紹介します。

1体目の使い道

アトリのパレット
・「5色攻撃強化」補強枠
・消せないドロップ状態全回復枠
・バインド状態全回復枠
・覚醒無効状態全回復枠
・HP全回復枠
・ロック解除枠
・6色陣(5属性+回復)枠

 

2体目の使い道

彩妖精の水彩幻画師・アトリ
・高倍率リーダー枠
・「操作時間延長+」補強枠
・「ガードブレイク」枠
・多色パーティのアタッカー枠
・ダメージ無効貫通枠
・ロック解除枠
・6色陣(5属性+回復)枠


 

まとめ

・1体目の使い道は、アトリのパレットで「5色攻撃強化」補強枠、消せないドロップ状態全回復枠、バインド状態全回復枠、覚醒無効状態全回復枠、HP全回復枠、ロック解除枠、6色陣(5属性+回復)枠。
・2体目の使い道は、彩妖精の水彩幻画師・アトリで高倍率リーダー枠、「操作時間延長+」補強枠、「ガードブレイク」枠、多色パーティのアタッカー枠、ダメージ無効貫通枠、ロック解除枠、6色陣(5属性+回復)枠。
・3体目以降の使い道は、予備(究極進化待ち)。

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

関連記事(幻画師シリーズ)


プリム

アトリ

カイシュウ

エリオ

クロエ

ハンス

メルティ

アシュリー

レン

リクト

パステル

 


 

コメント